タイトルロゴ


お知らせ

2011.4.1 修身教育関連の書籍販売のページをオープンしました。

世界の中の教育勅語

教育勅語に対する海外の評価

 1905年(明治38年)7月、ロンドン大学のリュッカー学長より、在ロンドン日本大使館を通じて日本国政府に「ロンドン大学での日本の教育に付いての講演会」の依頼がありました。日本政府は、英国に2度の留学経験があり、東京大学総長、文部大臣も歴任した教育行政の大家の菊池大麓男爵を英国に派遣しました。菊池男爵は自ら教育勅語の英訳に着手し、牧野伸顕文部大臣と菊池大麓を含む10人の専門家で何度も討議の上、東京大学の英国人教師のローレンスとロイドの2人の意見も聞き、更に、当時来日していたエール大学のラッド名誉教授にも見て貰い、「官定翻訳教育勅語」が完成しました。菊池男爵は、1906年(明治39年)12月に日本を出発し、翌年の1月に英国に到着して、2月14日からロンドン大学における講演を開始しました。菊池男爵のロンドン大学における7ヶ月間の間に行われた25回に及ぶ講演記録は、2年後の1909年(明治42年)に、英文の「日本の教育」(388ページ)として出版され、英国のマスコミ、教育界で大きな反響を呼びました。

英語訳教育勅語 文部省訳

Know ye, Our subjects:
Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on abasis broad and everlasting and have deeply and firm1y implanted virtue; Our subjects ever united in loyalty and fi1ial piety have from generation to generation illustrated the beauty thereof. This is the glory of the fundamental character of Our Empire, and herein also lies the source of Our education. Ye, Our subjects, be filial to your parents, affectionate to your brothers and sisters; as husbands and wives be harmonious, as friends true; bear yourselves in modesty and moderation; extend your benevolence to al1; pursue learning and cultivate arts, and thereby develop intellectual faculties and perfect moral powers; furthermore advance public good and promote common interests; always respect the Constitution and observe the laws; should emergency arise, offer yourselves courageously to the State; and thus guard and maintain the prosperity of Our Imperial Throne coeval with heaven and earth. So shall ye not only be Our good and faithful subjects, but render illustrious the best traditions of your forefathers.

The Way here set forth is indeed the teaching bequeathed by Our Imperial Ancestors, to be observed alike by Their Descendants and the subjects, infallible for all ages and true in a11 places. It is Our wish to lay it to heart in a11 reverence, in common with you, Our subjects, that we may all thus attain to the same virtue.

The 30th day of the 10th month of the 23rd year of Meiji.

(Imperial Sign Manual. Imperial Sea1.)

フランス語訳

フランス語翻訳

ドイツ語訳

ドイツ語翻訳